注目キーワード

女性版:自分にとって楽な仕事を探してみよう!楽な仕事の5つの特徴

毎日生きるために働く中で、もう少し楽な仕事がしたいなと思う方は多いでしょう。しかし本当に楽な仕事なんて世の中にあるのでしょうか。実は今自分がつらいな、しんどいなと思っているところを改善できれば、仕事での満足度はぐっと上がります。少しでも楽しく納得して働きたいと思う方は、今の仕事を見つめなおすチャンスです。自分にとって楽な仕事を探してみましょう。

女性が楽と考える仕事の特徴5つ

楽な仕事というのは人によって捉え方が違います。その人の性格や特性によって、得意なこと不得意なことが異なるためです。働く上で自分が譲れない部分は何なのかを見極め、それをクリアできる仕事は自分にとって楽でいい仕事だと感じられるでしょう。以下の5つの特徴を見て、自分が一番に望むものを確認してみてくださいね。

精神的に楽

精神的に楽というのは、厳しいノルマや責任がない仕事です。ある程度自分のペースで勧められ、忙しすぎることもないもの。精神の浮き沈みなく一定のペースで仕事をしたい人におすすめです。一般事務や会社や施設の受付などが該当します。ただし、仕事でやりがいや達成感を求めたい人には向いていません

肉体的に楽

若いうちはいいのですが、年齢を重ねるにつれてしんどくなってくるのが体力仕事です。例えば工場でのライン仕事は黙々と目の前の作業に集中すればいいので、頭は使わず楽な一方で、立ちっぱなしで腰や足に負担がかかるというデメリットもあります。肉体的に楽な仕事には座ってできるコールセンターでの電話対応などが当てはまります。生涯長い期間のあいだ働きたい場合は、肉体的に楽というのは重要な条件です。

労働条件が良い

ライフワークバランスを重視したい人は労働条件に重きを置きましょう。特に女性の場合、出産できる時期にもリミットがあり、子供が欲しい人は現実的に仕事を離れなければいけない期間も考えねばなりません。妊娠して産休や育休を取得するのは本来当然の権利なのですが、日本ではいまだに妊娠を機に仕事を辞めざるを得ない人も多いのが現状です。育休産休が取得でき、有給休暇も消化できる、時短勤務ができ、土日祝日は休み、残業がなく定時で帰れるなど、家庭と仕事を両立させたい人は労働条件を重視しましょう。

人間関係が良好

社会人が仕事で1番悩むのは、圧倒的に人間関係に由来することが多いと言われています。社内での同僚や上司との相性、得意先の人との相性など、人と関わる仕事であれば必ずついてくる問題です。人間関係はどんな仕事についても避けられないもの。どうしても極力避けたいなら、人となるべく関わらない仕事がおすすめです。在宅ワークができる企業やSEやプログラマーなどパソコンで完結する仕事がメインになります。

ルーティーンワーク

マニュアル通りに対応すれば済む仕事、かつスキルアップも必要ないものです。1から考えて自分で仕事をつくる必要がないので、何年も同じことを飽きずにできる忍耐強い人には向いています。ルーティーンワークは作業にも近い仕事です。データ入力や工場でのライン作業などが該当します。

自分にとっての楽な仕事を探してみたいと思った方はこちらの記事もどうぞ

あわせて読みたい

働き方の幅を広げよう!女性が楽に働くために

転職を考えるとつい正社員ばかりに目が向きがちです。しかし派遣社員や契約社員は会社の規則に縛られすぎず、しかし勤務地や勤務時間は融通が効き、正社員よりも有休消化などもしっかり取りやすい傾向があります。転職を考えたときには正社員に固執せずに、派遣や契約社員で探すのもおすすめです。

派遣社員として働くメリット

派遣社員のメリットは誰もが知っている大きな会社で働くチャンスがあるということです。正社員だと新卒で激戦を勝ち抜く必要がありますが、派遣だと比較的入りやすいもの。社食や社内の設備が整っていたり、勤務場所が便利だったりという魅力があります。

さらに、勤務先や勤務時間、仕事内容などをあらかじめ派遣会社と相談ができるので、入ってみたら思っていたのと違った、というギャップも少なく済みます。

賃金も時給換算のところが多いので、正社員で働くより年収が高くなる場合もあります。正社員だとサービス残業をさせられたりする場合もあり、働いている時間の割にお金がもらえないというパターンは多々あります。

派遣社員として働くデメリット

正社員と比べると長期的にずっと同じ会社で働ける保証はありません。契約が終われば更新せずそのまま終了というパターンも多いです。一度契約が終われば次はまた新たなところでその会社の仕事を把握し、環境に慣れる必要もあります。逆に考えると、自分に合わない企業の場合でも付き合い続ける必要はないので精神的に楽ではあります。

女性は男性よりもライフスタイルが変化しがちです。出産しても仕事を続ける人が多い今、楽な状態で働ける環境を用意しておくことはとても重要です。自分にとっての楽な仕事があるのか、見てみたいと思った方はこちらの記事もどうぞ

あわせて読みたい

writer:stcii