注目キーワード

失敗しない!看護の仕事で転職を成功させるためのテクニック

日々人の命と向き合う看護という仕事。誇りを持って看護の仕事をしている看護師は多くいます。看護師は一般企業より給与は高いものの、夜勤があったり休みがシフト制だったりと不規則な生活や気を抜けないしんどさはつきものです。

看護師として働いている人なら一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか?慣れた職場を離れるのですから、転職は成功させたいですよね。事前のリサーチが甘いとせっかく転職しても後悔することも少なくありません。

ここでは看護の転職で失敗しないためのテクニックをご紹介します。

看護の仕事で転職を考える4つの理由

看護師として働いている人が転職を考える主な理由は4つあります。

給与UPを狙うため

働いている内容に見合う給与が欲しいと考える人は多いでしょう。一般企業の水準より給与は高いものの、精神的しんどさや不規則なシフトなど負担は大きいです。同じ時間働くのなら、できるだけ高い給与をもらいたいと望むのは当たり前でしょう。

スキルアップを狙うため

看護師として経験を積み重ねていくと、もっとスキルアップしたいと考える人も多いです。看護師長を目指すのか、別の分野で学んでみたいのか、希望は人それぞれ。自分の仕事に自信がついてきた現れでもあります。日々成長したい人にはスキルアップは不可欠です。

労働環境の改善のため

病院では24時間体制で見守りを行うため、看護師はシフト制でもちろん夜勤も必須です。友人や恋人となかなか休みを合わせられないことも多いでしょう。何より自分が子供を出産したり子育てしたりする将来を希望する場合、労働条件が合わないと続けられない場合もあります。有給休暇や産休や育休などがしっかり取れるかは重要なポイントです。

人間関係を清算するため

看護師は女性が多い職場です。女性が多いから大変なのではなく、男女の比率が偏っているとどうしても歪みが起きやすい傾向があります。一般企業でも同様です。職場での悩みで大部分を占めるのが人間関係。全くストレスのない恵まれた環境というのは実はないのかもしれません。しかしなるべくなら雰囲気が明るくて前向きな職場がいいものです。

【目的別】自分の希望する転職先を見つけるためのテクニック

【給与アップ】

給与アップを目指す場合、求人情報で基本給や賞与をチェックすることが大切です。月給〇〇円〜という表記では、基本給が〇〇円というわけではありません。なんらかの手当を含んだ場合があります。さらに、職場によっては賞与がないところもあります。必ずもらえるのかも確認しておきたいところです。基本給と賞与がわかったら、年収を計算しましょう。

実際の年収が上がるのが給与UPですが、仕事量も増えては意味がありません。逆に、仕事量が減れば同じ給与であっても実質的な給与アップとも言えます。

【スキルアップ】

定期的に具体的な研修や教育プランが整っているかをチェックしましょう。資格取得支援制度があればなお良いです。成長したいと思う人には支援を惜しまない姿勢の病院なら、意欲的で前向きな人が多く働いている可能性も高いもの。同僚と切磋琢磨して成長していける現場は貴重です。

【労働環境】

完全週休2日制か週休2日制か、一見すると変わらないように見えます。しかし前者が完全に週2日の休みを保証するのに対し、後者は月5日以上の休みしか保証されていません。しっかり確認する必要があります。さらに残業の有無や有休消化率では病院全体ではなく、実際に働く現場での数字が重要です。将来子どもが欲しい人や子持ちの方は、託児所はあるのか、現場にママさんがどのくらいの割合でいるのか、看護師長や主任など上司にママさんがいるのかなども聞いておくべきポイントです。

【人間関係】

人間関係を知るためには、一度実際に現場を見学に行くのがおすすめです。自分で見学予約の電話をかけてみれば、そこでの対応からも雰囲気を感じられます。実際に現場では、患者に対する態度や言葉使いが適切かどうか、若手の看護師に笑顔があるか、患者が看護師と気軽に雑談などをしているかなど、見るべきポイントはたくさんあります。ちなみに見学時は逆に自分も現場の看護師に見られているという意識を持ちましょう。

以上のテクニックは1人で実現するには限界もあります。忙しい日々の中で効率的に転職の情報を集めるには、転職サイトのコンサルタントを利用するのがおすすめです。

登録は無料ですし、サイトによって得意・不得意もあるので、複数の転職サイトに登録しておけば幅広い仕事を探せて安心です。

あわせて読みたい

少子高齢化が進む日本では、看護師の需要は今後も高まると言われています。売り手市場でのより良い条件を目指した転職は、一般企業での転職よりも有利です。1日の大半を占める働く時間をより有意義なものにするために、自分で納得できる転職をして人生を豊かなものにしましょう。

writer:stcii