注目キーワード

結婚を焦る女性の特徴と焦らなくなる方法6選

結婚したい!そう思っているのに彼氏にその気があるか分からなかったり、そもそも相手がいなかったり……。焦っている女性の理由は色々ありますが、いくつかの特徴があります。

そこで今回は、焦ってしまう女性の特徴と、つい焦ってしまう人が落ち着く方法を3つずつご紹介します。

結婚を焦る女性の特徴

子どもがほしい

女性が子どもを産める年齢は決まってます。社会の目を考えると、やはり結婚してから出産と考える方も多いです。生き方が多様化しているとはいえ、しらべぇ調査(https://sirabee.com/2016/05/31/125905/)によると子どもがほしい20代は4割弱。女性年齢が上がってくると「子どもを産みたい」という悩みから結婚を焦ってしまうのでしょう。

周りと同じでありたい

周りの友人が次々と結婚していくのをみると、私も独身でいたくないと感じます。特に日本人は周りに合わせて動く気質が強いので要注意。周りの人と同じような幸せを手に入れたい、みんなと同じでいたいと思いやすい傾向にあります。恋に恋しているような状態になってはいないでしょうか。

結婚を理想化している

「結婚したら幸せになれる」という理想を抱いています。今の結婚観は「好きだから結婚する」。しかし、親世代の多くは、結婚したら幸せになれると考えています。ひと昔前までの、女性は家に入り、男性が稼いでくる家庭が幸せという考えを真に受けて、結婚を理想化しすぎているのかもしれません。

焦りは禁物!結婚を焦ったときの対処法

今の幸せに目を向ける

自分の幸せは自分しか分かりません。周りが結婚してつい焦ってしまうときは「今の幸せ」に目を向けてみてください。今の幸せを大事にできるからこそ、未来の幸せも大事にできるはず。焦る前に、今の幸せを再確認しましょう。

どんな人と結婚したいか徹底的に書きだす

恋人がいるいないに関わらず、自分がどんな結婚生活を送りたいか、相手はどんな人がいいかを徹底的に書きだしてみましょう。もし、恋人がいないなら、理想の人に会うために出会いの場を増やしたり、自分磨きをしてみてください。

結婚はゴールではない

結婚してからも、二人の関係は続きます。厚生労働省の発表によると2018年に結婚したカップルは59万組、離婚した夫婦は20万組です。3組結婚するかたわら、1組は離婚しています。離婚したくて結婚する人はいません。

焦って、適当に婚姻届を出しただけの結婚をしたいですか?

いかがでしたか?結婚は人生の一大イベント。年齢や世間の目、親からの圧力など、つい焦ってしまうこともあるかと思います。しかし、焦ってもいいことはありません。自分らしいペースで、あなたの幸せや結婚に向き合うのが何よりも大事。もしかして焦ってる?と感じたら上記の対処法を試してくださいね。

writer:藤沢ジュン